不動産の購入検討する際の基本知識を確認する

一般的に家、土地などの不動産の購入を検討する際には、仲介業者を介して取引を行います。
紹介された物件の内覧など、諸条件を勘案の上で購入を決めることになります。
仲介業者は売買物件について、重要事項を飼い主に伝えなければなりません。
宅建業法に詳細に規定されている通り、不動産の瑕疵など不動産の価値に影響する重要な事柄を予め伝えなければなりません。
高額の買い物となりますので、購入資金を一括で支払うことができず、住宅ローンを利用して購入資金を調達します。
会社勤めであれば、信用力がありますので問題ありません。
融資が決定されると、保証会社が借り主を連帯保証関係となり、銀行していく形となります。
保証会社は担保として、買い主が購入した不動産に抵当権を設定して資金の保全を図るといった関係になります。
売買契約が成立すると、所有権移転の登記を行います。
住宅ローンが完済されるまでの間、抵当権が付記された状態となり、完済した後、抵当権抹消の登記を行うこととなります。